BLOGブログ

りんごの花 結婚相談所

2020/03/11

BLOG NEWS

愛を伝える日 3.11

みなさん、こんばんは。


りんごの花結婚相談所(川崎市溝の口)


結婚カウンセラーの永井京子です。



 

今日は震災から9年


各テレビ局が報道していますね。



 

あるトマトの農家さんの話が、目に留まりました。


産経ニュース

 

 

震災で農園も家族も流され、


たった一人生き残った


 

 

たった一人で生きていくことが


ばかばかしいと思う日々の中、


亡くなった奥さんが枕元に立ち、


" こっちにはまだ来るな " と言われたことで


生きることに奮起


会社を立ち上げた。



 

 

ようやく軌道に乗ってきたところで、


去年の台風19号の甚大な被害を被り


またゼロに。



 

そして、今、コロナの影響を受け始めている。



 

すごいのは、これほどまでに


生きることへの希望を絶たれる苦渋を


何度も味わっているのに、


決してあきらめないことです。



 

 

何度、降り出しに戻されても


また立ち上がる


その原動力は何だったのでしょうか。



 

そして今は


何が支えになっているのでしょうか。




 

 

3.11の日、私は東京にいましたが、


生きた心地がしませんでした。



 

東北の人たちは


そんな心地さえ


感じる暇はなかったと思います。



 

目の前のことに、


必死だったと思います。



 

 

そんな未曾有の恐怖のさなかに、


何を感じたか



 

 

何をしたか



 


多くの人たちが、


大切な人を心配


愛を伝えあっていました。




 

自分が


どうなるかわからない事態のなか、


みんな


大切な人想っていました。




 

そして残された人たちは、


月日が経つにつれ、


自分が幸せになること


罪悪感を感じながらも、



 

 

その人たちの分まで、


人生最後の一瞬まで、


" 懸命に生きる "



 

 

それが


生き残った


自分の使命でもあると感じている人が


多いのではないでしょうか。



 


 

自分の大切な人たち


一瞬にしてこの世から消えた


体験をせずに済んだ


私たちも、


もっと真剣に生きるべきかもしれません。




 

 

人生、大変なこと


誰にでもあると思いますが、


「前に進む」


「希望を持つ」ということは


自分選択できる自由意思です。




 

 

今日は、


自分にとって大切な人の存在


改めてしっかりと確認する日




そして愛を伝える日


 

 

 大切な人でいてくれることに


ありがとう



 

自分が “生きている“


このことに幸運を感じ


感謝をする日。



 

 

人生最後の一瞬


大切だと想える人を


増やしていきたいですね。


 



 

 

りんごの花結婚相談所


永井京子



お問い合わせはこちらから。





コロナの関係で、イベントなどは自粛しております。


代わりに、少人数、あるいはマンツーマンでのセミナーを開催します。


近日中に日程をアップする予定です。


 

 
りんごの花 結婚相談所