BLOGブログ

りんごの花 結婚相談所

2019/12/29

BLOG NEWS 婚活のコツ 婚活の秘訣(男性版)

子供をつくる細胞はお持ちですか?(最後にささげる愛情)

みなさん、こんにちは。

もうお正月を迎える準備は整いましたか?

今年のカウントダウンいよいよですね。

 

りんごの花結婚相談所(川崎市溝の口)

婚活トレーナーの永井京子です。

 

早速ですが、先日から続いているシリーズ

1回目【子供をつくる細胞はお持ちですか(出産適齢期)】

2回目【子供をつくる細胞はお持ちですか(不妊治療)】

3回目【子供をつくる細胞はお持ちですか(男性のブライダルチェック)】

4回目【子供をつくる細胞はお持ちですか(正しい婚活とは?)】

 

今日は5回目です。

【子供をつくる細胞はお持ちですか?(最後にささげる愛情)】

 

最初に申し上げたいのは、

子供を持つ夢がいけないというわけでは決してありません。

婚活がなかなか上手く行かないのであれば、

結婚に対する見方を

少し変えてみるきっかけになればと

思って書いております。

 

そして、将来、子供が欲しいと思っているのであれば、

初婚の高齢化が進む現代ですが、

20代から婚活を始めるべきです。

 

それは医学的に出産適齢期というものがあり、

現在では、40代でも子供を持つ事が可能な時代ですが、

高度な不妊治療にかかるためには、100~1000万と、

かなり高額な治療費となるためです。

1歳でも若いうちに、

きちんとした婚活を始めるべきです。

 

 

もし、今の婚活が難航しているのであれば、

婚活の方向性と見方を少し変えてみると、

背負っているものが軽くなるかもしれません。

 

40代、50代の男性で、どうしても跡取が必要な場合は

養子ということも選択肢に入れても良いのではないでしょうか。

また、国際結婚というものもあります。

選択肢は意外とあるかもしれませんね。

 

 

何に 「幸せ」 を感じるかは人それぞれです。

あなたにとって、あなたオリジナル 「幸せのカタチ」

を探して欲しいという気持ちです。

 

そして、その 「幸せのカタチ」 は

最初から在るものでなくても良いのです。

その 「幸せのカタチ」 は

柔軟で、どんな形にも自由自在に変えて行けるものです。

 

そして、そのパートナーと一緒に作っていけば良いことです。

2人のオリジナル「幸せのカタチ」 になるのです。

 



 

先日、宮川大助・花子さんの、闘病生活を語った記者会見、

ご覧になりましたか?

 

下半身不随を承知で治療を続けているようでしたが、

花子さんの言葉がとっても心に響きました。

 

いつお迎えが来ても幸せだけど、

大助を見送るまで生きておこうと思う。

それが嫁として最後にささげる愛情です。

 

と仰ってました。

 

そして大助さんは、

嫁に2度恋した」 と。

 

私は、結婚て

こういう事じゃないかなと思っています。

 

あなたの残りの人生、ずっと一緒にいる人。

赤の他人ですから、全部が良いことではないことは確かです。

でも、赤の他人でさえも、

ずっと一緒にいよう!と決めなければ、

大助・花子さんのように

人生の最後の最後まで、

光り輝く愛を注がれることはないかもしれません。

 

人生最後に、この人で良かった、

この人を愛して良かったと思える人が隣にいること

良いことも辛いことも、色んなことを一緒に積み重ねること。

弱っている相手の心に寄りそっていくこと。

こういうことが結婚じゃないでしょうか。

 

 

そう思える人とめぐり会うまでの道のり

それが婚活です。

 

みなさんが、

そういう方と出逢うことを願っています

 

りんごの花結婚相談所(川崎市溝の口)

日本心理医療諸学会 会員  永井京子

 

ご相談はお問い合わせ、あるいはLINEからお願いします。



お問い合わせはこちらから

友だち追加

 

 
りんごの花 結婚相談所