BLOGブログ

りんごの花 結婚相談所

2018/11/28

BLOG NEWS 婚活のコツ

何故この世に生まれてきたのだろう?

人間、みんな誰しも、

「何故、この世に生まれてきたのだろう?」

とふと疑問に思ったことはあるはずです。

 

その答えは、科学的にはまだ何も出ていません。

 

あなたはどう思いますか?

 

中世の頃までは、宗教があって神の存在があり、

天国と地獄があり

全ての出来事は神が決めることと言うように、

生きる規律が明らかだった時代から、

高度経済成長時代のがむしゃらに働き

科学の進歩と共に歩んできた時代を経て、

「自分は何故生まれてきたのか、

何のために、何をするためにこの世に生まれてきたのか、

幸せは何なのか」

と問う時代に入ってきています。

 

そして宗教でいう神が絶対の存在であった時代から、

次の時代、

人は科学的に目で確かめられるもの

実証されたものだけを信じて経済成長してきた時代を通ってきています。

今もそうです。

 

ただ、高度経済成長も終盤を迎え、

より高度なテクノロジーが発達してきていますが、

その一方で、

「幸せとは何なのか、自分とは何なのか」

という自分の内側の世界に目を向ける多くの科学者も現れてきています。

多くの人がその答えを求めるようになってきています。

 

より便利に、より効率的に、より裕福に、

と皆がよりテクノロジーを発達させ、

それに頼ることに躍起になり、

より富を得、お金で手に入るものを増やし続けた時代。

 

今、婚活している方々は、

お金が目に見える物質に形を変えて

手元に残ると安心感を覚える時代に生きてきました。

 

だから人は裕福になる事、利便性が良いこと、

楽が出来ることに幸せを感じやすいのです。

 

でも、外の世界で買い求めている幸せは

いつまで経っても終わりがない。

一つ手に入れば、次に手に入れたいものが必ず出てきます。

名声、富、成功、それが本当の幸せではないと

心のどこかで感じています。

 

この時代に生きてきて、

より自分が楽、

何不自由なく生活できる水準を

結婚相手の良い条件だと思い込むのも

無理はありません。

 

 

でも、それは違うと端(はな)から想っている、

感じている人達も少なくないはずです。

 

もし自分がそうなら、話は早い。

自分が想う方へ舵を切るだけ。

 

そうでない人ならば、

「自分が心から幸せを感じることは何なのか。」

「何が、幸せだと感じさせてくれるのか。」

「何を与えられたら、もう幸せを追い求めなくても済むのか。」

「どんな幸せが足るを知らせてくれるのか。」

 

そんな事をしっかりと自問自答してみる必要があります。

 

婚活にはとても重要なことです。

 

人間、幸せな時は幸せだと気づかないもの。

それに気づくのは、必ずその時間が過ぎ去ってからのこと。

 

人生が終わる時に

「あぁ、自分の人生、本当に良かったな。」

と想える人生にしたいですね。

 

そう想える時、

必ず、

心の奥深い所で得た癒し、

信頼感、

情で繋がった

誰かがいるはずです。



 

 
りんごの花 結婚相談所